記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物を感じる。傑作と駄作の違いとは?

【期間限定!】
究極、極秘のドラムテクニック完全公開!
→詳しくはこちら


こんばんは。


先日新年会で、
アニメソングで


有名な


水○奈々さんの作曲家の方と
飲んでいてこんなことを話しました。


僕が、


「傑作と駄作の違いって、
なんだと思います?」


とストレートに質問すると、


「うーん。
音楽も絵画と同じだと思うよ。


優秀な作家でも、
傑作が作れるのは1割、


ピカソで3割程度っていうみたいだし」


と答えがかえってきたので、


「えっ。


じゃあ、ピカソの描いた
絵の7割は駄作ってこと?


傑作って、何が違うんだろ?」


すると、こう言いました。


「エネルギーじゃない?


画家がエネルギーを
そそいで描いた絵は、


観る人のエネルギーを
必ず感じとれるっていうし。


それで、
これって音楽でも同じじゃない?


しかも、
うちらだと分かりやすく、
ライブでめちゃめちゃ、
そのエネルギーを感じたりするし!」


「確かに!!!」


と思っていたら、さすが成功者。
ドラクロワの次の言葉を教えてくれました。


「絵画とは、
描く側の魂と、
観る側の魂の懸け橋である!」


これって、
もちろん音楽にも
文章にも言えることですよね。笑


「音楽とは、
演奏する側の魂と、
聴く側の魂の懸け橋である!」


エネルギーを込めてドラムを叩き、
このブログもエネルギーを
込めて書こうと思いました。


あなたもエネルギーを込めて
行動を起こしてみてくださいね!


■今回の動画↓


※PS 毎日ドラムを叩いて練習しているのに
全然上達しないと感じたことはありませんか?


僕が知ってしまった、
どんなプロドラマーも裏ではやっている。


スティックを持たずに
確実に上達してしまう
驚異のドラム練習法とは?
→詳しくはこちら

今回も最後までありがとうございました!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。